--
--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成功を収める10個のスキル!
(via. Gigazine)

世の中をうまく渡り歩いていくために、持っていて役立つスキルが紹介されていたのでピックアップ!たしかに、この10項目をマスターしていれば、成功という文字もぐっと近くなりそうな気がします!

  1. スピーチ能力(Public Speaking)
  2. 文章力(Writing)
  3. 自己管理能力(Self-Management)
  4. ネットワーキング(Networking)
  5. 分析・評価能力(Critical Thinking)
  6. 決断力(Decision-Making)
  7. 計算力(Math)
  8. リサーチ能力(Research)
  9. リラクゼーション(Relaxation)
  10. 会計の基礎知識(Basic Accounting)

もっと詳しく情報を知りたい方は、コチラの記事に書かれています。
何をするにも成功するために必要な10個のスキル - GIGAZINE
10 Skills You Need to Succeed at Almost Anything - Stepcase Lifehack

【参考】

IQを向上させる方法 - GIGAZINE

スポンサーサイト
2008
05
23
脳を活性させる薬


誰もが夢見る"頭の良くなる薬"!それが、いま米国の知識層を中心に広がりを見せているそうだ。これを摂取することで、より長い時間集中でき、優れたパフォーマンスを促すことが出来るとされている。いまでは、科学者や研究者の二割が、仕事や学業の成績を向上させるために脳の働きを活性化する薬を摂取しているという調査結果が出ている。

もちろん、これは法的にもグレーゾーンとなっており、この薬はもともと注意欠陥多動性障害(ADHD)や睡眠障害の人(ナルコレプシー)に投与するために開発されたものだ。

こういった薬は、用量や使用法を間違えれば、依存症をはじめ、不眠症、精神的困憊などの副作用が現れることもある。オフィスなどで働くホワイトカラーの人間にとっては、喉から手が出るほど欲しい良薬ではあるが、その使用後の事を考えるとリスキーであることは間違いなさそうだ。

【参考】

「脳を活性化する薬」が米国知識層に蔓延:読者からも多数の使用報告

「脳を活性化する薬」が米国知識層に蔓延:読者からも多数の使用報告(2)

リタリンパワーアップ術

アンフェタミン - Wikipedia
2007
12
22

スイーツ(笑)とは - はてなダイアリー
特に、マスメディア(おもに女性誌)の女性向けの特集にならうことがおしゃれであると考え、特集を鵜呑みにして気取っている女性を揶揄する言葉。実際はメディアに踊らされているとしか言えない状態であることが多いのだが、当人にはその自覚はない。
F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

そういう意味だったんですね!やたらと見るフレーズだったので、いままでモヤモヤしていたのが一気に吹き飛びました。気付くの遅すぎ??

「よいしょ」「よっこいしょ」「どっこいしょ」のような言葉にも、語源とか本来の意味ってあるのか?
仏教用語の六根清浄が「よっこいしょ」の語源だとする説。で、ろっこんしょーじょーと唱えながら滝行や山登りをしてる修行僧を目撃した里の人たちが、音だけ真似て、どっこいしょーだのよっこいしょーだの唱えるようになったとのこと。
R25.jp

その他にも、フレー、ドンマイ、オーエス、せーの、ワッショイについて書かれている。

M1・F1総研は、最も充実感を感じる「人生のピーク」はいつであると考えているのかを調査した。2007年10月に首都圏13県在住のM1層(男性20~34歳)およびF1層(女性20~34歳)を対象にインターネットにより実施したものによると、M1が考える人生のピークは32.6歳、F1が考える人生のピークは31.6歳であった。また調査した年齢が上昇すると共に"考えている人生のピーク"も上昇する傾向があった。
CNET Japan

32歳が人生のピークを迎えるのではないか?とみんな考えているんですね!確かに、30代は何事も程よいポジションにいるように見えますもんね。体力も、夜の方も。

カテゴリー

アーカイブ

コメント

スポンサードリンク

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。