--
--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書漬け

カテゴリー : 書籍レビュー
2008
04
18
ちょっと不摂生な日々が続いたので、WEB関係から遠ざかって、読書にどっぷりと時間をかけています。二日に一冊くらいのペースで本を読んでいます。あと大好きな映画もDVDを借りて見てます。好きなことをやってる時間は、本当に上質で空間までも溶かしてしまいそうな勢いです!

最近、読んだのはベタ中のベタといってもいい本ばかりを選んで読破。
読書漬け

ノルウェイの森(上)
ノルウェイの森(下)
アフターダーク
人間失格
グッド・バイ
こころ

どれも、ダイレクトに人間の感情を揺さぶるであろうストーリー展開!逃れられない恐怖と人間の心が持つ闇の部分。そして、人間がもつ最大のネガティブでもあろう"死"というテーマ。日常ではタブーとされているテーマも、ここまで空間に幅を持たせ、いかにも主人公が現実という社会のなかで、もがき苦しんでいるかのように錯覚させる構成にはただただ驚愕させられる。どれも巧みな文章力で、あっという間に本の中に広がる世界に引きづられてしまう。これが、世の中の人間に受け入れられている理由のひとつでもあるのかと、再度認識させられるものばかり。間違いなく、この手の本ばかり読んでいたら正気でいられなくなるのは、作家の生涯を紐解けば分かるハズ。
物語はどれも軽やかさはない。重く圧し掛かり、心のどこかに靄がかかるような影のある作品。それがある意味、大人の苦悩でありビターなほろ苦さを感じさせてくれる。

コメントフォーム:COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

コメント:COMMENT

トラックバックリンク:TRACKBACK URL

カテゴリー

アーカイブ

コメント

スポンサードリンク

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。