--
--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
11
02
だれもあなたのことなんか考えていない―他人にしばられずに長生きするための58条
ロジャー ローゼンブラット
Roger Rosenblatt 春日井 晶子
早川書房 (2002/07)
売り上げランキング: 237726

本書のルールは、人間関係におけるムダな悩みを減らし、巧みに立ち回れるようになるためのものである。もし実践すれば、だれより気楽に長生きできるだろう。するどい一言が熟睡をたすける、必携・人生のサバイバルガイド。
Amazon.co.jp


啓発本や哲学本を読み進んで、人生は変わるのか?をテーマにしてトコトン実証していこうと思っています。

今回は、第一回として"だれもあなたのことなんか考えていない"をピックアップ。正直な話、これを読もうと思ったのはジャケ買いです。どこかで見たことある(たぶんJT)グラフィックだったことが一番のポイント。

人間こういう風に生きていけば、悩まずに楽しめるのでは?という提案が項目ごと全58条で書かれています。

翻訳文ということで、カジュアルかつどことなく英文に近い感覚で書かれています。ジョークや意表を付いた内容なども所々に散りばめられており、読みやすく最後まで飽きずに読破できました。内容は肩の力を抜いて、世の中の流れに身を任せると楽になれる。他人と接する時はこうやって接すれば、結果はこうなるといった体験談も多く盛り込まれており多くが納得できます。

しかし、残念なのが自分の内容の裏づけとして体験談に出てくる人物が、あまり日本人には馴染みのない人だったので、その辺ではやや入り込めない部分も・・・。また訳が足りなく、そのままカタカナで標記されている箇所があります。これは翻訳者の力不足か?

著者が言いたいことは、しっかり伝わってきますが、これは自分自身が体感し納得したことだったので、こういった解釈をすればいいというのが頭のなかで整理できました。しかし、もし、まだ自分のなかに確立した自己がない人が読むと、浅い真似事にしかならないのではないかと?思ったりも。本の評価は厳しくいって星2.9です。

コメントフォーム:COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

コメント:COMMENT

トラックバックリンク:TRACKBACK URL

カテゴリー

アーカイブ

コメント

スポンサードリンク

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。